看護師として働く場合に、特に問題になるのがワークライフバランスでしょう。家事や子育てを頑張りたいけれど仕事の上でのキャリアも充実させたい、そんな思いは女性なら誰もが抱くのではないでしょうか。仕事とプライベートのバランスを保ちながら生活することは、看護師という職業では思った以上に難しいものです。特に残業や夜勤が多い職場環境では、プライベートとの両立は非常に困難だといえるでしょう。
ワークライフバランスを保つ上で大切なことは、人生プランを長い目で考えておくということです。たとえば子供が小さいうちは子育てを優先し、週に何度かはスーパーの惣菜を利用するなど、完璧を目指すのではなく割り切った考え方をすることが必要です。あれもこれもと自分を追い込まずに優先順位を考えた選択をすることで、長く働き続けることやキャリアアップをめざすことが可能になるでしょう。
ワークライフバランスの実現には勤務先の選択も重要です。看護師は求人も多く、種類も豊富なので自分自身で働き方を選べるメリットがあります。子供が出来るまでは規模の大きな総合病院にフルタイムで勤務し、子育て中はクリニックでパートで働くという選択肢もありますし、すこし幅を広げて訪問看護や介護施設勤務を選ぶというやり方もあるでしょう。子育てが終われば再び正社員での勤務も考えられるはずです。ただし、あまりにブランクが長いと再就職の際に苦労することも多いものです。ですので、なるべくブランクをつくらずに非常勤やパートという形でも仕事を継続させていくことがコツかもしれません。