プライベートの時間がなかなか確保できないことについて悩みを抱えている看護師は少なくなく、十分にリフレッシュができないことで、体調不良や早期離職に繋がるケースもあります。就職後にこうしたトラブルを防ぎたい場合には、数ある医療現場の中でもワークライフバランスの理念がスタッフ全体に浸透しているところや、月々の休日の数が多いところを勤務先に選ぶことが大切です。経営が安定している地域に密着した総合病院やクリニックなどでは、在職中の看護師がプライベートの時間をしっかりと確保できるよう、仕事量や勤務時間の見直しをしたり、パートタイムや派遣など様々な働き方を選べるようにしたりしているところが増えています。
また、夜勤や残業が多くなりやすい病棟で勤務をしたい場合には、働き始める前に職場内の医師や看護師の人数をきちんと把握したり、個々のスタッフの役割分担が明確かどうか調べたりすることが大事です。一般的に、ベテランのスタッフが在籍している医療現場で働くことで、仕事上の様々な面で適切なフォローが受けられたり、資格取得の際に効率良く学習できたりすることがあります。そのため、仕事と私生活の両立を図りつつ、長期にわたりキャリア形成をしたい人は、気になる現場の見学をして働きやすいところを見つけましょう。なお、プライベートの時間を有効に活用するため、同じような境遇の同僚と意見交換をしたり、先輩からアドバイスを受けたりすることも大切です。