激務の現場で働いている看護師は決して少なくなく、厳しい現場のほうがより成長できる場合もありますが、自分の目標のために順調にキャリアアップを図るには、働きやすい環境が整っている職場を見つけることも大事です。特に、交代制勤務の病棟や老人ホームなどの職場においては、翌日に仕事の疲れが残ったり、腰や肩などに負担が掛かったりすることがあるため、休憩時間や仕事終わりの時間を使ってしっかりと体を休めることがポイントです。看護の仕事の経験が少ない人やブランクがある人は、スタッフの人員配置に余裕があるところで働くことで、無理なく仕事に必要なスキルを身に着けることが可能です。大手の医療法人や社会福祉法人においては、看護師の定着率を高めるために様々な取り組みが行われることがあるため、職場選びを始めるうえで、じっくりと職場ごとの特徴を確認しましょう。
また、手術室や集中治療室、救命病棟などの専門的な知識や経験が求められる職場では、少人数のスタッフが様々な病気の患者の対応をする機会が多くなります。そうした中、スムーズに業務をこなすために、日頃から職員同士でのコミュニケーションを取ったり、情報共有を欠かさずに行ったりすることが重要です。その他、看護師の年間休日日数や勤務時間については、働く場所や業務内容、患者の人数などによって大きく異なります。そこで、就職後のトラブルを避けるうえで、面接時に採用後の働き方について担当者ときちんと相談する必要があります。