長時間労働をする機会が多い看護師は、残業をしやすい職業と言えます。看護師として働く場合は残業しないコツを知っておくと、効率よく仕事ができるので便利です。残業になりやすいのは仕事の効率が悪く、何らかの問題が起きているからです。日頃の仕事を見直すことで何が原因なのか詳しく調べると、どのようにすれば改善できるか分かることがあります。また残業を減らしたい時は他の看護師の仕事を参考にして、どうすれば問題を解決できるか調べるべきです。効率よく作業をして残業を殆どしていない看護師がいるならば、相談してどうすれば効果的に働けるか聞く方法もあります。十分な対策をしておけば残業を減らしやすく、遅い時間まで仕事をしなくてすむようになります。
看護師が残業する原因としてあるのは、準備が十分でないということも考えられます。仕事をする時は事前に準備をしておけば、すぐに作業ができるので効率よく対応できます。しかし準備が十分でないと簡単に作業を始められず、その結果仕事を終えるのに長い時間がかかります。看護師が効率よく仕事をしたい場合は、事前にどのような準備が必要になるか確認しておく必要があります。行う作業に合わせた準備をしておけば、効率よく仕事ができるので問題が起こりづらく安心して働けます。また自分一人で作業をするのではなく、誰かに仕事を任せてしまう方法もあります。医療機関には作業を頼めるスタッフもいるため、そのような方に仕事を頼んで負担を減らすやり方もできます。あらゆる方法を試してみて、少しでも残業を減らせれるような工夫をしていきましょう。